サーバ/PC設定用のコンパクトなキーボードが欲しい

機器の管理やら保守、構築の仕事をしていると、作業用にコンパクトなキーボードが欲しくなる。作業スペースやらラック内は狭いので、フルキーボードだと不便。

昔買った Happy Hacking Keyboard Lite やその他のキーボードたちは PS/2 端子なので、PC端末やサーバですら USB になってしまった今ではもはや使えない。PS/2→USB変換という手もあるけど、認識がうまくいかなかったり、微妙に遅延があったりで悩ましい。

というわけで、思い立ってビックカメラ新宿西口店に物色に行ってきた。キーボードやマウスは当たり外れが多いので、できれば実物の感触を確かめてから買いたい。要件は以下の通り。

  • USB端子
  • 指が迷わない程度にコンパクト、持ち運び重視
  • 一般的な日本語配列で、トラップのような変態キーがないこと
  • カーソルキー必須
  • ファンクションキー, Windowsキー
  • INS, DEL, HOME, END, Prsc (Fnキー併用も可)
  • テンキーいらない
  • 置いたときにたわんだり、ばたつかないこと
  • 2,000~3,000円程度だといいな

最初に目に付いたのがこれ。

ELECOM ミニ有線パンタグラフキーボード TK-FCP082BK

定価 7,657円(税込)のところ Amazon で 約2,500円(税込)。 (定価とはなにか)、ビック店頭だと3,000円弱くらい。

ELECOM TK-FCP082BK

パンタグラフ式だし感触もよかった。もうこれでいいじゃんとレジに向かおうとしたところ、そいつが目にとまった。

Logicool K380 Multi-Device Bluetooth Keyboard

定価 4,130(税抜), Amazon で 約3,200円(税込)。店頭だと 3,500円くらい。

Logicool K380

  • 配列は普通
  • Bluetooth で3種類同時にペアリングし、切替え可能
  • パンタグラフ式でタッチも良い
  • 丸ボタンも意外と悪くない。キーピッチが 18mm で少し狭いが慣れれば使えるはず。
  • 日本語配列だが、英語配列時も灰色で刻印が入っているので迷わない。(iOSは英語配列)
  • 置いたときの安定感よし

USB有線接続ではないのだが、そこは Bluetooth – USB ドングルを購入すればいいんじゃないか。BTにすれば iPhone や iPad でも使えるし。

悩ましかったので店頭購入は一旦見送り、帰宅途中の電車でレビューを調べ、その勢いでポチった。Amazon恐るべし。セットでUSB – Bluetoothドングルも購入。

サンワサプライ Bluetooth 4.0 USBアダプタ (class2)
Amazon では1,100円程度。

この後、 Bluetooth キーボードは BIOS 設定時では使えない という重大な問題に気づくことになり、次回に続く。

1件のコメント

コメントを残す