Bluetooth ワイヤレスイヤホン

通勤と、集中して作業するときに使っていたステレオイヤホン (SONY XBA-H1) 。バランスドアーマチュアとダイナミック型のハイブリッド構成で音質は気に入っていたのだが、特に机上作業中にケーブルを引っかけてしまい、何度か iPhone を机から落としてしまうことが多かった。

それならワイヤレスタイプをと探していたのだが、BlueTooth で音質もそこそこというのがなかなか見つからない。標準の BlueTooth イヤホンは、SBC という古いコーデックで音質も悪く遅延も大きいとわかった。いわゆる「スポーツタイプ」の 2000~5000円クラスの製品はみんなこのタイプ。「走っている最中なら多少音質は悪くても気にならないだろう」という妥協の産物みたいなもの。じっと座って聞く場合には物足りない。

高音質のコーデックでは、CSR 社の aptX, 主に Apple 製品で標準的な AAC, SONY 独自方式の LDAC の製品がある。主に iPhone で使うので AAC タイプが必須だが、意外と対応メーカーが少ない。JBL は全滅、SONY は独自の LDACのみ (XPERIA か SONY プレーヤー専用?)。オーディオテクニカの上位機種か、Apple に買収された Beats ブランドか、Apple 純正か。5000円クラスでも AAC 対応製品はあるのだが、Amazon レビューを見る限り評価は今ひとつ。

いろいろ探しているうちに Klipsch R6 Neckband を見つけた。

Klipsch R6 Neckband

ちょっと値が張るのだけど、AAC 対応、Klipsch 社由来の高音質、連続再生18時間。上位クラスに Klipsch X12 Neckband があって、こちらはバランスドアーマチュアユニットで音質はかなり良いらしいのだが、さすがに予算オーバーだった。

今日、R6 Neckband が届いて試しているのだが、正直言って 1万円前後の有線イヤホンよりは少し落ちる気がする。が、ケーブルに縛られない開放感は最高。首から肩にかけてバッテリ+コントローラ部分を引っかける違和感は最初だけで、聞いているうちに気にならなくなった。まだ試していないが、バイブレータも付いているので着信等があっても気づくらしい。

難点としては、コンパクトにたためないのでバッグ等に収納するときどうするか悩ましい。上位の X12 Neckband はポーチが付属しているようだが、残念ながら別売りはしてないらしい。

身軽さは気に入ったのでしばらく使ってみることにする。

コメントを残す